会社の寮について

こんにちは。
管理部経理課の平川です。

お盆も終わりましたが暑い日が続いていますね^^;
この暑さは世界的なもので、アメリカ海洋大気庁によると、2019年7月の地表面温度・海面温度は観測史上最高で、「史上最も暑い月」だったそうです。
この調子だと2019年の8月が「史上最も暑い月」を更新するかもしれませんね。

さて今回は会社の寮について書かせていただきます。

靜甲には清水寮と三島寮の2つの寮があります。
私は清水寮に入寮しています。
清水寮は本社と清水工場、商事事業部のある別館から徒歩3~5分の場所にあります。
通勤時間が短い分、朝が苦手な私にとってはゆっくり調子を整えてから出勤できています。

寮の食事は会社のある月~金曜日に朝・夕飯が用意されています。
食事は寮母さんが栄養バランスを考えて作ってくださっています。
私も学生時代は一人暮らしをしていましたが、毎日の献立を自分で考えるというのは思っている以上に大変でした。
まして仕事が終わって疲れているとなると、帰って食事が用意されていることがどれだけありがたいかを最近身にしみて感じています。
私は地元が遠いので、一人暮らしをすることの経済的負担も考えると入寮できてよかったです。

以上ざっとでしたが寮の利点について書いてみました。
もし遠方からの就職を考えている方がいらっしゃいましたら、少しでも参考にしていただけたら幸いです。

それではまだしばらくこの暑さが続きそうですので、体調にはくれぐれも気をつけて頑張ってください。


2019年8月21日更新

|

お盆休み

こんにちは!
富士川工場業務課の川口です。

入社して4ヶ月が経ちました。
入社の頃に比べると、出来る仕事も増えてきました。
もちろん大変ではありますが、その分日々やりがいを感じながら業務に励んでいます。

さて、話は変わりますが先日社会人になって初めてのお盆休みがありました。
学生時代と比べると短いなぁと思っていましたが、友人に会ったり、趣味に時間を使ったりしてとても有意義な休暇でした。
ゴールデンウィーク以来の長期休暇を経て、仕事をしていくにはオンとオフの切り替えがとても大切だと感じました。

これからもオンとオフの切り替えをして、仕事にも遊びにも全力で取組んでいきたいと思います!

最後に、皆さま毎日大変暑いので体調管理には充分気をつけてください。


2019年8月16日更新

|

清水みなと祭り

こんにちは!
富士川工場研修中の水本です。
8月になり、暑さが増してきましたね。
最近はクーラーをつけていても熱中症になる場合があるので、水分補給と温度調節をしっかりしましょう。
富士川工場は他の工場とは違い、常温でプレスをする冷間鍛造の工場です。
私は電気電子工学科を卒業しており、鍛造について初めて学ぶのでとても楽しい研修を行っています。

ここで話は変わりますが、8/3(土)に清水みなと祭りがあったのでそれについてお話したいと思います。
私は清水区出身ではないので、最初は踊りのこともお祭りのこともあまり知りませんでした。
いつ頃始まったのか調べてみると第1回のみなと祭りは1947年に行われたそうです。
このような歴史あるお祭りに参加できたことを誇りに思いました。
踊りは2時間半ほど踊り、8曲の中から3〜5曲をランダムで踊り、休憩を挟んで踊りました。
踊っている時はとても楽しく、あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。
来年のみなと祭りは8月下旬に行われるそうなので、今以上に踊れるよう練習したいと思いました。

最後に
学生の皆さんは夏休みですね。上でも述べましたが、体調管理に気をつけて夏休みを満喫してください。


2019年8月15日更新

みなと祭り1.jpg

みなと祭り2.jpg

みなと祭り3.jpg

|

最近の仕事

こんにちは!商事事業部 産業機器課の堀江です。
夏休みシーズンに突入し、学生時代が懐かしいなあと感じる今日この頃です。
前回私がブログを書いたのは5月でしたが、2か月以上が経った今では、だいぶできることが増え、毎日忙しくも充実した日々を送っています。

先月から繁忙期に入ったようで、仕事量が多く大変な日もありますが、皆さんにフォローしてもらいながら頑張っています。
7月は、過去最高額の売上を達成しました!私も少しは貢献できたかなと思うと、嬉しいです。
産業機器課には、「わからないことは何回でも聞いていい」というルールがあります。
何回聞いてもその都度丁寧に教えてくださるので、とても助かっています。
また、この数か月でミスもいくつかしてしまいましたが、先輩方が優しくフォローしてくださり、同じ失敗を繰り返さないためにこうしたほうがいいよと、アドバイスもきちんとしてくれます。
このように、人柄の良さや、成長できる環境が整っていることは、靜甲の魅力の一つだと感じます。

学生の皆さんは夏休みですね!
悔いのないように、旅行に行ったり、趣味に没頭したり、色々なことに挑戦してみてください!


2019年8月6日更新

|

床上操作式クレーン技能講習

こんにちは!
三島工場にて研修中の井町です!

長かった梅雨もあけ、いよいよ夏本番となりました。
照りつける日差しがとても暑く、夏バテしてしまいそうです…。

さて、私ですが先週床上操作式クレーンの技能講習に行って参りました。
床上操作式クレーンはものづくりの現場に必要不可欠です。
三島工場では私の背丈よりも大きい部品を機械に取り付けたり、完成した機械を出荷したりする際、クレーンで吊り上げています。
講習を受ける前は「操作はそんなに難しくないだろう」と思っていました。
しかし実際に触ってみると、吊り上げた荷物が移動させると共に大きく揺れてしまい、周辺のものを倒してしまいました。
これは『慣性の法則』によるものであり、クレーン本体が動いたとしても吊り下げられた荷物はその場に留まろうとします。
その逆もしかりで、移動しているクレーン本体が停止したとしても、吊り下げられた荷物は進行方向上に動き続けようとします。
その結果クレーン本体と荷の動きにラグが生じてしまい、荷が大きく揺れてしまいました。
講習ではクレーンを荷の揺れのタイミングに合わせて操作することで揺れを抑える方法を教えていただき、見事揺れを抑えたままクレーンを移動させることに成功しました。
クレーンの操作を誤った結果、発生してしまった重大な事故が全国各地で報告されております。
ちょっとした不注意や気の緩みが事故へと直結するため、いかなるときも気を引き締めて操作します。

冒頭に書いたとおり、一気に暑くなりました。
このブログを読んでくださる皆さまも熱中症には十分気をつけて活動してください。
それでは、今回はここまで!


2019年7月24日更新

|

Copyright(c) 2006 Seiko. All rights reserved.
このサイトは靜甲株式会社が運営しています | 会社概要 | 靜甲株式会社

靜甲株式会社