冷間鍛造は、金属材料を常温(室温)で金型によって圧縮することにより、部品を成形する加工法。ほかの塑性加工に比べ様々な利点があります。
靜甲では、最新設備を備えた自社富士川工場にて厳正な品質管理のもと、複雑化する加工ニーズに加え、高品質、短納期、少量ロットに対応した製品づくりを行なっています。